観葉植物の成長記録です。

観葉植物を育てています > ゴールデンポトス > ポトスの育て方

ゴールデンポトス

ポトスの育て方

スポンサードリンク

ポトスの育て方ですが、私が育てていても簡単に育ちますので、育てやすい観葉植物だといえるでしょう。

2003年8月から育てていて、ずっと増え続けています。

ポトスは非常に丈夫で管理がしやすいです。

育て方は簡単ですので、ぜひ育ててみてください。

種類

ポトスの種類の中で、一番ポピュラーなのは、ゴールデンポトスでしょう。

別名は、「黄金かずら」と呼ばれます。

ポトスの種類で、ポトスライムは、ライトグリーン色でとても涼しげです。

葉が光沢のあるライムで、非常に美しいのが魅力です。

他には、マーブルクイーンといわれる種類もあります。

とても美しい白い葉に、緑の斑の入る珍しい品種の種類なのですが、寒さに少し弱いです。

ゴールデンポトスは、緑色の葉に白い斑が入っていますが、マーブルクイーンは逆に、白い葉っぱに緑の斑が入っていて、光りが当たると白い葉っぱが光ります。

残念ながら、私は今は育てていません。

ポトスの市販のほとんどの鉢は、吊り鉢タイプと、垂直に立てた支柱にはわせるスタンドタイプです。

スタンドタイプの支柱は色々な材質のものがありますが、「ヘゴ」と呼ばれる天然の木を加工したものが根の張りが良いそうです。

私は、一度挑戦しましたが、今は、ヘゴ仕立てはやっていません。

原産地

ポトスの原産地はソロモン諸島及び東南アジアの亜熱帯と熱帯雨林です。

置き場所

ポトスの鉢の置き場所は、室内でも明るければ十分です。

水やり

土の表面が乾いたら水を鉢の底から出るまでたっぷりとあげましょう。

肥料

私は肥料は観葉植物用の液肥を与えています。

増やし方

ポトスは、夏の成長期には1年で1〜2メートル位茎が伸びます。

伸びて増えたポトスの葉を切って行うポトスの鉢の増やし方ですが、伸びた茎を葉が1枚や2枚をつけて切って、水を入れた容器にさしておくだけで、根が出てきます。

あとは、植木鉢の底に、鉢底石を入れて土を入れてまっすぐに植えるだけです。

植え替え

根詰まりしたら1回り大きな植木鉢に植え替えてあげましょう。

こちらの土は放射能測定済みでなおかつこだわりの土です。


スポンサードリンク