観葉植物の成長記録です。

観葉植物を育てています > サンスベリア・ローレンチー

サンスベリア・ローレンチー

サンスベリアの育て方

スポンサードリンク

サンスベリアは、マイナスイオンの放出量が多く、空気清浄に良いとテレビなどで、紹介されてから一層人気が高まりました。

サンスベリアは、育て方の簡単さでも人気があります。

原産地

サンスベリアの原産地は熱帯・亜熱帯アフリカや南アジアの乾燥地帯です。リュウゼツラン科のサンスベリア属の常緑性多年草です。

サンスベリアローレンチーという品種は、虎の尾とも呼ばれ、葉は鋭い剣状の肉厚で、黄色い外斑が虎のしっぽみたいで模様が美しいです。

置き場所

サンスベリアの育て方のポイントとして、置き場所は日当りの良い明るい場所が適しています。

1年のうち5月〜9月は生育期のため、できるだけ暑い場所に置くと良く育ちます。

光線の不足になると葉が間伸びしてしまい、直立が難しくなり倒れてきます。

サンスベリアの育て方の注意点ですが、日当りの良い明るい場所が適しているとはいえ、さすがに真夏の間は日光が強すぎて、軽い葉焼けを起こしてしまい葉色が悪くなる事があります。

真夏に屋外に置くなら、半日陰になる木陰に置きましょう。

室内に置くならレースのカーテン越しに置くとよいでしょう。

サンスベリアの冬の対策ですが、やはり熱帯の植物なので、寒さにはやや弱いです。冬になったら10℃以上の場所に置くようにしましょう。

水やり

水やりは生育期の5月〜9月は、鉢土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

乾燥に強いサンスベリアなので、水をあげすぎると葉が腐ったり根腐れをおこしますので、完全に乾いてからというのが水やりの合図です。

冬場は、室温が10℃以下になりはじめたら水やりを控えましょう。

肥料

サンスベリアの肥料は、生育期に月1回程度、緩効性化成肥料を与えましょう。


スポンサードリンク




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4594963868823246"
data-ad-slot="2996848465"
data-ad-format="auto">

サンスベリア 2003月7月21日 

2003年7月21日にサンスベリア・ローレンチーを新宿東急ハンズで1,200円で買い ました。サンセベリヤともトラノオともいいます。マイナスイオンが出るみたいなので癒しの効果があります。
サンスベリアは乾燥地帯で生息しているので、水をやり過ぎると株を痛めてしまいます。あと、寒さにも弱いので、冬にはさらに水やりを控えます。


「サンスベリア 2003月7月21日 」詳細はこちら

サンスベリア 2003年8月4日

サンスベリアの株分けを試みました。1つの鉢の株分けをして2つの鉢に分けました。


「サンスベリア 2003年8月4日」詳細はこちら

サンスベリア 2003年8月16日

サンスベリアの葉を4枚切りました。多肉植物用の土に植え替えをしました。
多肉植物は、葉に水をためておくことができます。なので、水やりは控えめにします。
土も水はけのよいものを使います。


「サンスベリア 2003年8月16日」詳細はこちら

サンスベリア 2003年8月16日

サンスベリアの切った葉を2枚葉挿ししました。バーミキュライト100%です。この時、注意するのは上下を間違えずに挿すことです。




「サンスベリア 2003年8月16日」詳細はこちら

サンスベリア 2003年8月19日

川砂を買ってきてバーミキュライトから川砂に移しました。



「サンスベリア 2003年8月19日」詳細はこちら

サンスベリア 2003年11月30日

鉢をグリーンの4号鉢に植え替えました。





サンスベリア 2004年8月2日

今度は2つの鉢を1つにしました。
大分成長しました。



「サンスベリア 2004年8月2日」詳細はこちら

サンスベリア 2006年7月9日

前回撮影から1年11ヶ月経ちました。

変わらず元気です。



「サンスベリア 2006年7月9日」詳細はこちら

サンスベリア 2008年4月20日

2008年4月20日のサンスベリアです。

鉢の色が変わりましたが4号鉢です。
高さは、下から57cmです。
水やりもこちらも少しずつ増やしていくつもりです。



サンスベリア 2008年5月16日

RIMG1852.JPG

4号鉢のサンスベリアも新しい葉っぱが、どんどん成長しています。





サンスベリア 2009年3月15日

4号鉢のサンスベリアは、引っ越し時に痛めてしまって、元気がなくなってしまいました。かなり決断が必要でしたが、思い切ってさよならしました。ごめんなさいです。m(__)m